2012年10月30日 (火)

REGZA 32ZP2を購入

自分の部屋用に東芝の液晶テレビ「REGZA 32ZP2」を購入しました。購入したのはコジマ楽天市場店。価格は50,490円でした(楽天ポイントを5490ポイント使用したので、実質45,000円での購入です)。

これまでの視聴環境ですが、自室ではパソコンディスプレイ(三菱RDT232WM-Z)に東芝のレグザチューナー「D-TR1」を接続して使っていました。録画環境は主にトルネを使用。「D-TR1」にも録画機能がありますが、シングルチューナーということもあってHDDは繋げていません。

RDT232WM-Zの液晶サイズは23インチと小さいのですが、これまではベッドサイドに設置していたこともあり問題ありませんでした。しかし、少し前に部屋の模様替えをしてテレビの位置を移動させたため、テレビまでの距離が遠くなって不便なので、新しいテレビの購入を考えました。

--------------------------------------------------------------------
新しいテレビを購入するにあたって条件としたのは次のような項目。
oneサイズは32インチから40インチ
two予算は5万円以内(楽天を利用する場合は楽天ポイント6000円分も利用)
threeザッピング派なので、できれば2画面表示可能なもの
fourスポーツをよく観るので、倍速表示に対応しているもの
five3D機能は「あればいいかな」程度
sixフルHD対応であること
---------------------------------------------------------------------

そして、購入の候補となったのが次の3機種でした。

メーカー 東芝 パナソニック シャープ
機種 REGZA 32ZP2 VIERA TH-L37C5 AQUOS LC-40H7
液晶 32インチIPS 37インチIPS 40インチVA
画面分割
チューナー数 2 1 1
録画機能 ◎(裏録あり)
HDMI端子 3 2 3
目標価格 52,000 48,000 55,000
---------------------------------------------------------------------

REGZA 32ZP2」は発売から1年以上経過しているモデルですが、今ではほとんど見なくなってしまった32インチでフルHD に対応しているモデルです。ダブルチューナーや3D対応、アクトビラなどのブロードバンド放送対応など、機能的にはこの3機種の中では群を抜いています。欠点としては最初に言ったように発売してから時間が経過していること、サイズが32インチと小さめであることでしょうか。

「VIERA TH-L37C5 」は37インチのIPS倍速液晶を採用しながらも、非常に価格の手頃な製品です。一流メーカーの37インチで5万円を切っているのはこのモデルくらいではないかと思います。機能的にはごくごく平凡ですが、パナソニック製という安心感もありますしね。

「AQUOS LC-40H7 」は、一流メーカーの40インチで一番価格が安いのではないかと思います(型落ち品以外で)。シャープ製で40インチでこの価格はかなり魅力的だと思います。ただ、シングルチューナーで2画面表示というのは、あんまり意味が無いような・・・。2画面機能を使うには外部入力装置が必要になりますし。

さて、私は最初、予算的な理由から、この3機種の中で「VIERA TH-L37C5」を購入しようと思ってました。48,000円(楽天ポイントを使えば42,000円)で37インチの液晶テレビが購入できるのはかなり割安感があるからです。

しかし、パナソニック製のテレビには一つだけ気に入らない部分がありました。それは「番組表にデカデカと広告が表示される」ということです。あの番組表の印象が悪かったので、購入をためらっていました。

それでも、他の2機種は予算ギリギリだったので、やはり妥協して「VIERA TH-L37C5」を購入しようかと楽天のサイトを見ていると、「REGZA 32ZP2」がコジマ楽天市場店でこれまでよりかなり安く販売されているのを発見しました。たしか、先週までの楽天全ショップの中での最安価格が58,000円くらいだったと記憶していますが、いきなり50,490円という価格で売られていたのです。

「これは今ポチっておかないと後悔するかも・・・」と、半ば衝動買い的に「REGZA 32ZP2」を購入。翌日コジマ楽天市場店をチェックしてみると価格が62,800円に戻っていました。本当にラッキーでした。

ちなみに、コジマ楽天市場店では週末に液晶テレビがかなり安い価格で販売されることがあります。たとえば、1ヶ月くらい前は平日は52,000円から54,000円くらいで売られている「VIERA TH-L37C5」が、週末限定で47,800円くらいになっていました。週末にチェックしてみるといいと思います。私が「REGZA 32ZP2」を購入したのも日曜の夜でした。

本日の正午に到着したので、これからいろいろと試してみたいと思います。

2010年12月18日 (土)

RDT232WM-Z購入しました

Z地デジ専用の液晶ディスプレイとして三菱のRDT232WM-Zを購入しました。

購入したのはA-PRICE楽天市場店。楽天のポイントが少し有ったので楽天での購入を前提に探して、値段が一番安かったので購入を決めました。

ちなみに値段は33,500円。そのうち3,500円分を楽天ポイントを使用して支払ったので、実質30,000円で購入することができました。

注文したのは15日の昼休み中。ちょうど楽天で買物マラソンという企画をやっていたのと同時に、お歳暮の配送時期と重なったので商品の到着が少し遅れるかもしれないとのことでしたが、17日の午前中には届きました。

これまでの私の地デジ視聴環境はというと、最初は東芝の地デジレグザチューナーD-TR1 を購入して東芝のブラウン管テレビとD端子接続、その後はPC用のディスプレイであるIIYAMAのPLE2410HDS-W1 にHDMI接続してPCと切り替えながら地デジを見ていました。

しかし、PCとの兼用は地デジとPCが排他的にしか利用できない上、入力の切り替えなど何かと不便なことが多いので、地デジ専用の液晶ディスプレイを購入することにしました。

今回、地デジ専用液晶ディスプレイを購入するに当たって、私が重視したのが以下の点でした。

one価格は3万円程度まで・・・5万円以上出すのなら素直に液晶テレビを購入するほうが様々なことを考慮すると賢明だと思います。やっぱりテレビ専用だけあってテレビ用のチューニングがしっかりなされていますからね。

twoなるべく大きな画面・・・今の主流は23インチまたは24インチですが、27インチも魅力的に思えました。

threeグレアパネル・・・今回の目的はあくまでもTV視聴ですから、できるだけ発色の良い画面で見たいのでグレアにこだわりました。これがパソコンと兼用の使用の場合にはノングレアタイプという選択肢も出てくるんでしょうが・・・。同時にTNパネルよりも発色が良いと言われるIPS液晶も考慮しました。視野角については、個人利用が前提なのでそれほど拘りませんでした。

fourPS2との接続・・・今でもたまにPS2のゲームをすることがあるので、なるべくD端子でPS2と接続可能なものと考えました。

fiveできれば倍速・・・私はスポーツ観戦が好きで特にサッカーを良く観ます。ですから動きが激しい場面でもスムーズに映像を観ることができる倍速補間機能のあるものが理想的でした。

onetwoに関しては、今は安い液晶ディスプレイはいくらでもありますし、27インチでも2万円台で購入可能です。LGからは2万円程度のIPS液晶LG IPS236V-PN も出ているので選択肢はいくらでもありますね。

threeも、今の主流はノングレアタイプのパネルようですが、探せばグレアパネルもたくさん見つかります。ただ、fourfiveを考慮に入れると選択肢はグッと狭まってしまいます。

入力端子の豊富さと27インチ画面ということでBENQ M2700HD と最期まで迷ったのですが、倍速を重視して結局RDT232WM-Zに決めました。

さて、半日ほど使ってみての感想ですが、全体的には概ね満足といったところでしょうか。

まず発色ですが、これまで使っていたノングレアのPLE2410HDS-W1と比べるとやっぱり色合いが濃くハッキリとしています。

このディスプレイは設定項目がたくさんあって、突き詰めていけば自分好みの画面にすることができそうですが、私はあまりいじっておらず、TVモードにしてブライトネスを若干下げた程度ですね。

あっ、あと黒白伸張というのを「オン」にしました。意味はよくわかりませんがオンにしたほうがよく見えたので・・・。ちなみに普段は倍速「弱」、シネマモード「なめらか」、ノイズリダクション「強」、超解像モード「20」、CRO「ON」って感じでしょうか。

ただし、グレア特有の映り込みは特に暗い画面ではやっぱりあります。これは以前使っていたブラウン管テレビと同じですね。気になる人は気になるでしょう。

音に関しては、液晶ディスプレイのスピーカーとしては頑張っている方だと思います。ただスピーカーが上部についているためか、こもった感じがします。テレビを観るだけなら問題ないかもしれませんが、私は以前パソコンで使っていた3,000円程度のスピーカーを引っ張り出して接続しています。

倍速についてはまだ十分に検証出来ていないのですが、横に流れる番組テロップなどは効果抜群です。オフでは文字がボヤけますが、オンではくっきりと見えます。ちょうど競馬中継が放送されていたので見てみたのですが、馬の足の動きもなめらかに見えますね。今夜サッカー中継があるのでそこで詳しく検証してみたいと思います。

ただ、倍速は映像ソースによってはノイズのようなものが出ることがあるようです。特に倍速の「強」を設定した状態で白の多い映像(白い雲に覆われた空など)を見るとブロックノイズのようなものが見えることがありました。このあたりは他の倍速液晶でも見られるのでしょうか?それともこの機種だけなのでしょうか?ですので普段は倍速機能を切っておくか、弱に設定しておく方が良さそうです。

PS2も接続してみましたが、やっぱり大きく画面が引き伸ばされる分、画面が汚くなりますね。といってDot by Dotでは小さすぎますし・・・。試しに子画面に出力してみたらキレイでしたw

上でも書きましたが、とにかく設定項目がたくさんあるので、時間をかけて色々と試して自分の納得いく設定を探していきたいと思います。

MITSUBISHI フルHD対応 倍速補間機能搭載 23型三菱液晶ディスプレイ(グレア) RDT232WM-Z(BK) MITSUBISHI フルHD対応 倍速補間機能搭載 23型三菱液晶ディスプレイ(グレア) RDT232WM-Z(BK)


三菱電機
売り上げランキング : 4621

Amazonで詳しく見る

2010年10月21日 (木)

IIYAMA ProLite E2410HDS

さて、先日アマゾンで購入したiiyama 24インチワイド液晶ディスプレイ  PLE2410HDSを3日ほど使った感想を書いてみたいと思います。

まず、画質についてですが全く問題ないレベルですね。よくTNパネルだから視野角がどうのと言われますが、正面から見る限りはまったく問題ありませんし、少々横や上下から覗き込んだ程度では実用上なんの支障もありません。まぁ、確かに色は少し白っぽくなりますが、こんな角度から見ることはないので・・・

それから発色についてですが、私はPCとDVI-Dで接続していますが、とても鮮やかでコントラストも十分です。例えば隣にIPSパネルの液晶ディスプレイがあって、いつでも比較可能な状態だったりしたら相対的に粗が見えるのかもしれませんが、そんな状況にはないので全く問題なしです。

それから、よく掲示板などを見ると、画面がまぶしすぎて輝度を半分以下にして使っているという人が多いみたいですが、私はどうも明るい画面のほうが好きみたいで、ほぼ出荷時の設定で使っています。

でもやっぱりデフォルト設定では若干明るすぎるので、輝度を90に下げ、ガンマ設定をモード2に変更しました。ガンマモード2はオススメで、黒が引き締まる感じがして良いです。白の明るさも少々抑えられる感じです。

色などは好みの問題が大きと思いますが、若干黄色が強めかな?って気がします。でもこれは、以前使っていたノートパソコンの液晶との比較なので、目が慣れてしまえば問題ないのかもしれません。しばらくはこのまま使ってみて、それでも黄色が強く感じれば画面の色温度を下げてみようかと思っています。

全体的に見れば、このレベルの液晶ディスプレイが2万円で購入できるのは驚きですね。本当に安くなったものです。今のところ、満足できる買い物だったと思っています。

※購入して一つだけ困ったこと。それはスタンドネックというパーツが見つからなかったこと。10分以上探しましたが見つからなかったので、苦情メールを送ろうとしたしたときに、発泡スチロールに埋め込まれているスタンドネックを発見!危うく恥をかくところでした。ホワイトを購入する人は気をつけてくださいね。

iiyama 24インチワイド液晶ディスプレイ 1920×1080(フルHD1080P)対応 3系統入力装備 ピュアホワイト PLE2410HDS-W1
iiyama 24インチワイド液晶ディスプレイ 1920×1080(フルHD1080P)対応 3系統入力装備 ピュアホワイト PLE2410HDS-W1

おすすめ平均5つ星のうち4.0
5つ星のうち2.0macintosh からのDVI入力は非対応
5つ星のうち3.0う〜ん、価格相応でしょうか。
5つ星のうち5.0良品廉価のディスプレイ
5つ星のうち5.0綺麗です
5つ星のうち5.0満足しています


Amazonで詳しく見る

2010年10月15日 (金)

PLE2410HDS-W1を購入

自室のテレビ視聴環境をなるべく安く地デジ化しようと頑張っている私。

前回は東芝 レグザチューナー D-TR1を購入したわけですが、いまだに液晶ディスプレイを購入していないため、アナログテレビに接続して地デジを見ています。

ただ、最近になって、最初に立てた計画をちょっと変更することにしました。

最初に立てた計画では、一台の液晶ディスプレイを購入し、PCとテレビの兼用にしようと思っていたのですが、結局、液晶ディスプレイを二台購入し、PCとテレビを別々にすることにしました。

というのも、やっぱり、どちらかを排他的に使うというのは不便ですし、DVIからHDMIへの切り替えにも何秒か待たされたりして、ストレスが溜まりそうだったので、思い切って二台購入することにしました。

そして今日、一台目の液晶ディスプレイとしてPC用に使うiiyama 24インチワイド液晶ディスプレイ iiyama PLE2410HDS-W1 を購入しました。Amazonで購入し、価格は20,500円。ポイントが500円分あったのでちょうど2万円でした。

iiyama 24インチワイド液晶ディスプレイ 1920×1080(フルHD1080P)対応 3系統入力装備 ピュアホワイト PLE2410HDS-W1

新品価格
¥20,500から
(2010/10/15 21:43時点)

この機種にした理由としては、DVI-DケーブルやHDMIケーブルが最初から付いていて、非常にお得感が強かったからです。我が家にはD-Subケーブルしかないのでとても助かります。別途に購入すれば3,000円くらい余計な出費が増えてしまいますからね。ちなみにPCとはDVI-Dケーブルで接続予定です。

画質に関しては実際に見てみなければわかりませんが、この価格帯の液晶ディスプレイなら画質はどこも似たり寄ったりでしょうから、あまりこだわりはありません。

そして、テレビ用には今のところ三菱電機のRDT231WMS-Dを購入しようかと思っています。こちらはケーブルはD-Subしか付属していないので、今回購入したPLE2410HDS-W1に付いてきたHDMIケーブルを流用しようかと思っています。

RDT231WMS-Dはグレアパネルということで発色も良さそうで、テレビには向いているんじゃないかと思っています。まぁ、これも実際に見てみなければわかりませんが・・・

MITSUBISHI 23型グレア三菱液晶ディスプレイ RDT231WMS-D

新品価格
¥22,800から
(2010/10/15 21:48時点)

それから、ちょっと話題が逸れますが、今回Amazonでの支払いにはじめてペイジーを利用しましたが、便利ですね。口座番号とか振込先とか一切記入することなく、一分もかからずに自宅のパソコンから振込が完了しました。

一つ不安に思ったのは、支払い番号が記されたメールがなかなか来なかったことですかね。最初、注文確認メールに記されているとばかり思っていたので、番号を探しても見つからなかったときはちょっと焦りました

ちなみに、支払い番号が記されたメールは注文後3時間くらいして届きました。基本的に、商品が確保された時点でメールが送られてくるようです。

2010年9月22日 (水)

東芝「D-TR1」到着!

昨日注文した東芝 レグザチューナー D-TR1が午前中に届きました。

注文してから24時間以内で届いたのでちょっと驚きsign03

さっそく自室のブラウン管テレビに接続しましたが、とてもキレイな映像です。

アナログでは少しゴーストのようなものが見えたのですが、それもなくクッキリと綺麗な画像です。

ただひとつ残念だったのは私のマンションの共同アンテナがCS110°に対応していなかったこと。

まぁ、スカパーを契約する気はないので、たいした問題ではありませんが、無料放送の日などに見れたらいいなぁ・・・と思っていたので。

あとは、PCと兼用の液晶ディスプレイを何にするかが問題です。

予算は3万円程度と考えていて、少し前まで三菱のIPSパネルのものが3万2千円程度で買えたので、それにしようかと考えていたのですが、ここのところ値上がり傾向で、4万円近くになっているのが誤算ですcrying

購入時期としては来月中旬頃を考えているので、それまでに安くならなければ、TNパネルの27インチのものを買おうかと考えています。

2010年9月21日 (火)

東芝「D-TR1」今度こそ注文しました(笑)

えー、昨日注文に失敗した東芝 レグザチューナー D-TR1ですが、本日無事に注文できました。

結局、昨日のミスは楽天側のサーバー不良だったみたいで、勝手に減らされた楽天ポイントも、今朝起きて見てみたら復活していました。

ですが、昨日注文したショップの在庫がなくなっていたので、最終的にはムラウチ楽天市場店で購入しました。

値段は20,475円。楽天ポイントを使ったので、実質6,500円で買えました。

東芝 レグザチューナー D-TR1は結構売れていて、在庫がないショップも多いのですが、ムラウチさんは在庫があったので、思い切ってポチってみました。

来月にはHDMI端子の付いた液晶ディスプレイ(PCと兼用)を購入予定なので、それまでは今使っている東芝のブラウン管テレビ東芝FACE(25ZB25)と3色ケーブルでつなごうと思っています。

※実は最近発売されたアイ・オー・データの「HVT-BCTL」とどちらを買おうか迷いました。

HVT-BCTL」は録画機能はないですが、その分価格も安く、私の持っている楽天ポイント内で購入できるので魅力的に感じました。

最終的に東芝 レグザチューナー D-TR1を選択したのは、やっぱり東芝というブランドでしょうか。

私の中では電機メーカーの製品と、PCパーツ屋の製品では何となく信頼感が違いました。本当に違いがあるのかどうかわ分かりませんが・・・。

TOSHIBA 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンチューナー ワンセグ録画・外付けUSBハードディスク録画対応 D-TR1
TOSHIBA 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンチューナー ワンセグ録画・外付けUSBハードディスク録画対応 D-TR1

おすすめ平均5つ星のうち4.5
5つ星のうち5.0使い慣れたテレビでみたい
5つ星のうち4.0古いフルスペックチューナーより画質良好、操作簡単。
5つ星のうち4.0この価格でこの画質、使用感。満足です。
5つ星のうち4.0録画には注意
5つ星のうち5.04:3ブラウン管テレビがデジタルテレビに


Amazonで詳しく見る
アイ・オー・データ機器 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンチューナー HVT-BCTL
アイ・オー・データ機器 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンチューナー HVT-BCTL

Amazonで詳しく見る

2010年9月20日 (月)

「D-TR1」を注文したけれど・・・

自室の地デジ化を考え始めてはや一か月、今日ついに楽天の某ショップで東芝の3波チューナー「D-TR1」を注文しました。(正確には注文しようとしました)

TOSHIBA 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンチューナー ワンセグ録画・外付けUSBハードディスク録画対応 D-TR1

新品価格
¥19,200から
(2010/9/20 13:27時点)

価格は送料込みで約2万円。楽天ポイントが14,000ポイントあったので、実質6,000円程度での購入ということになります。

これで私も地デジを楽しめる!そう思った瞬間、悪夢が・・・

なぜか、注文が完了しません。

注文の完了ボタンを押すと

エラー

注文が受け付けられていない可能性があります。STEP 4 の画面へ戻り再度注文内容をご確認の上、「この内容で注文する」ボタンを押してください。

というエラーメッセージが表示されてしまいます。
何度か戻って注文してみたのですが、結局、注文が完了しませんでした。

一応ショップに確かめてみると、注文メールは届いていないとのこと。

何か入力ミスがあったのかと思い、もう一度最初から注文をやり直してみると、
なんと楽天ポイントが消費されている状態になっている・・・sign02

私の楽天ポイント13,000円分はどこ行ったannoy

とにかく確認のため楽天にメールしてみましたが、返答があるまでかなり時間かかるんでしょうね。

いったい、いつになったら購入できるのでしょうか。それよりもポイントは返って来るのでしょうかcrying

2010年8月28日 (土)

地デジ化への道(2)

さて、前回は地デジチューナーとして、東芝の D-TR1を購入することを決めたのですが、肝心の液晶ディスプレイを何にするかでかなり悩んでいます。

一応、選択肢としては4つ

one 価格重視で23~24インチのTNパネル液晶

two ちょっと奮発して大画面の27インチTNパネル液晶

three これからはLEDということで、LEDバックライトの24インチTNパネル液晶

four テレビも観るということで画質や視野角の良いIPSパネル液晶

価格的にはoneが2万円前後、twothreeが2.5万~3万円、fourが3万~3.5万といったところでしょうか。

候補として選んだのは

oneでは、三菱のRDT232WLM(BK)、飯山の2410HDS

twoではBENQのM2700HD、飯山の2712HDS

threeではBENQの V2420HPV2420H 、飯山の2472HD-B1

fourでは三菱のRDT232WX-S(BK) (グレア)かRDT232WX(BK) (ノングレア)

ただ、どうも決定打がないというか、ある日は価格重視でいこうと思うと、次の日には画質重視の方がいいかも・・・なんて思ったり、また別の日には大画面モデルが妙に魅力的に思えたりと堂々巡りです。

と悩んでいるうちに、また魅力的な液晶ディスプレイを発見!

BENQから9月に発売される24型 LCDワイドモニタ(グロッシーブラック) VW2420H

VAパネル液晶のLEDバックライトで値段はAmazonで33,800円。これ、いいかもsign03

発売は来月ということですが、私が液晶ディスプレイ買うのは10月になってからだと思うので、実際に使ってみた人のレビューなんかを参考にして購入するかどうか決めたいと思います。

2010年7月24日 (土)

地デジ化への道(1)

地デジへの移行まで一年を切りましたが、私の部屋のテレビはいまだにブラウン管のアナログテレビ。

東芝FACE(25ZB25)という機種で、D1端子搭載なのでデジタルチューナーを付けるだけで一応デジタル放送を見ることができるのですが、どうせなら高画質で見れる環境をと思い、いろいろ思案中です。

最初は素直に液晶テレビに買い換えようかとも思ったのですが、値段も高いですし、そもそも最近はテレビ自体あまり見なくなったのでなんかモッタイナイ。

それに加えて、デスクトップPCのモニタが半年ほど前に壊れて以来、昔使っていたノートPCを引っ張り出して使っているのですが、如何せんパワー不足は否めずストレスのたまる日々なので、PC・地デジ兼用の液晶ディスプレイを購入することに決めました。

購入条件としては
tv 地デジをフルHD(1,920×1,080)で見ることができる。
tv BSデジタルが視聴可能
tv PS3などのゲーム機と接続するためにHDMI端子がある
tv テレビを観るためだけにPCを起動するのは面倒なのでTVキャプチャーボードはダメ
tv 価格は5万円まで(安ければ安いほど良い)

この場合考えられる組み合わせとしては
one PC出力端子付きの液晶デジタルテレビ
two PC用液晶ディスプレイに地デジチューナーを接続する
three 地デジチューナー搭載のPC用液晶ディスプレイ

となりますが、oneの場合、有名メーカーの製品では5万円以下では1366x768となってしまい苦しい感じ。中にはバイ・デザインのようなフルHDに対応した商品もありますが、できればバイ・デザインは避けたい・・・ということでoneはナシ。

次にthreeですが、この場合該当する商品ががほとんどなく、アイ・オー・データの「LCD-DTV223XBE」一択という感じですが、「LCD-DTV223XBE」に関しては一度電器店で見たことがあるのですが、発色があまりよくない印象があり、やめました。

clipAmazonでLCD-DTV223XBEをチェック

clip楽天でLCD-DTV223XBEをチェック

ということでtwoのPC用液晶ディスプレイに地デジチューナーを接続するということに決めました。

その理由にはTOSHIBA 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンチューナー D-TR1 の存在もあります。

友人がこのチューナーを持っているので一度見せてもらったのですが、画質もいいですし、自分でHDDを増設すれば安価にHDDレコーダー化できるのもポイント高いです。(チューナーがシングルなのが残念ですが2万円程度という価格からしたら仕方ないか・・・)

では次回はPC用液晶ディスプレイを何にするかを決めたいと思います。

地デジ化への道(2)へ続く・・・予定・・・

TOSHIBA 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンチューナー ワンセグ録画・外付けUSBハードディスク録画対応 D-TR1
TOSHIBA 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンチューナー ワンセグ録画・外付けUSBハードディスク録画対応 D-TR1

おすすめ平均5つ星のうち4.5
5つ星のうち4.0録画には注意
5つ星のうち5.04:3ブラウン管テレビがデジタルテレビに
5つ星のうち5.0D3端子無しのワイドブラウン管テレビでも使えています
5つ星のうち4.0複合型のHDDケースには気をつけて
5つ星のうち4.0短所が3つ有ります。


Amazonで詳しく見る

Sponsored Link



2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

privacy policy

  • 当サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。

    このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、Cookieやウェブビーコンを使用しています。もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

    詳しくは、Adsense広告の公式プライバシーポリシーをご覧ください。